WAREHOUSING

ホーム業務紹介倉庫荷役

WAREHOUSING

高度な技術を目指して / 一人一人が熟練者に

当社は京浜港における(株)住友倉庫の倉庫内外の荷役作業を一手に引き受けています。
最新の倉庫は、そのほとんどがフォークリフト等を使用した機械中心の作業になっており、
ここにも高度な技術が要求されます。
自らの手足のようにフォークリフトを使いこなす職人的なオペレーターたちが活躍しています。

倉庫荷役

フォークリフト・オペレーション

倉庫内での荷役作業の主役はフォークリフトです。複数のフォークリフトが互いに連携を取りながら、見事なチームワークで、迅速に作業をこなしていきます。
最近では精密電子機器など、取り扱いに注意が必要な荷物が多いのが特徴です。
スピードが要求される一方、出来るだけ振動を与えない優しさも必要となります。オペレーターたちの確かな技術と、緻密さと安全への心構えがこの相反する要求に応えます。
フォークリフトといっても、種類も様々。一般的な2本爪フォークのもの、ロール紙などの丸い荷物を運ぶアタッチメント、清潔な倉庫内を汚すことなく移動できる電動式のものといろいろです。
それぞれに、熟練の技が必要となります。実は高度な技術と経験が必要な仕事なのです。

フォークリフト・オペレーション

人手による荷役作業

フォークリフトだけでは作業は進みません。パレットと呼ばれる荷台に貨物を積み上げる作業や、コンテナの貨物の詰め出しは手作業による場合もあります。
効率よく作業をするための知識や、荷崩れを起こさないように積み上げる技と経験が必要とされます。

人手による荷役作業

素早くかつ丁重に・・・高い作業品質

荷物の安全が最大のテーマです。優しく丁重に、素早く運び、ゆっくりと丁寧に積み上げる。ここにそれぞれのオペレーターの技量が光ります。

素早くかつ丁重に・・・高い作業品質

NEWS

  • 2020.02.17お知らせ

    ホームページをリニューアルしました。

PAGE TOP