横浜港湾作業株式会社 横浜港湾作業株式会社
 
   
トップページ
業務・安全
船内荷役
沿岸荷役
倉庫荷役
管理部門
安全管理
会社概要
会長挨拶・沿革
会社概要
本社アクセス
事業所一覧
リクルート
募集要項
社員からのメッセージ
リクルート・Q&A
サイトご利用上の注意事項

社員からのメッセージ

パンクズ リクルート
見出しライン

 

横浜港湾作業(株)で働くことの楽しさ、厳しさ、そしてやりがい。
これから仲間になる方たちへ、先輩社員からのストレートな意見をお届けします。

 

横浜業務部船内所属 石井 宏二 2003年入社(技術職)
横浜業務部船内所属 石井 宏二 2003年入社(技術職)

現在の仕事内容は?

業務部船内所属です。本船作業でガントリークレーンやウインチを操縦し、コンテナや機械・鋼材等を揚積する仕事をしています。

入社のきっかけは?

叔父が横浜港湾作業で働いており、勧められたので入社しました。大型機械の操作に興味があったことも入社した理由です。

仕事の上でのやりがいとは?

大型機械の操縦を任せてもらっていることに、責任と誇りを感じます。
また、仕事によっては、夜勤や連続勤務などキツイこともありますが、その分給与や手当は厚遇してくれます。やればやっただけ稼げるところが大きな魅力です。

私にとっての「横浜港湾作業」とは?

港湾荷役に関する様々な専門技術を習得できる会社だと思います。経験豊富な先輩方が一から教えてくれますし、やる気があれば、クレーンや揚貨装置といった特殊機械に関する免許や資格も取らせてもらえます。

新人に送るメッセージ

自分達の仕事に楽なところは一つもありませんが、作業をやり切った達成感・充実感は必ず味わえます。
東京営業所海上業務課所属 郡 伸幸 2003年入社(技術職)
東京営業所海上業務課所属 郡 伸幸 2003年入社(技術職)

現在の仕事内容は?

青海公共コンテナターミナルで、ストラドルキャリアやサイドリフターを運転しています。

入社のきっかけは?

父親がこの会社でコンテナ荷役をやっており、将来は同じ会社で同じ仕事をしたいと思うようになりました。

仕事の上でのやりがいとは?

正確に専門機械を操作し、安全にコンテナ荷役を進めることがこの仕事の使命です。皆がプロ意識を持っているので、ぶつかることもありますが、常に向上心を持っていれば、社内、同業者の方達と切磋琢磨して、いろいろ学べると思います。

私にとっての「横浜港湾作業」とは?

不規則な勤務や雨中の作業など、仕事は楽ではないですが、やった分はしっかり安定した収入を得られます。また、家族との祝い事やイベントにも色々気を配ってもらっているので、社員やその家族も大切にしてくれる会社だと思います。

新人に送るメッセージ

一つの目標に向かって仕事する一体感や、仕事後の充実感は格別です。一緒に働く仲間を待っています。
横浜業務部本牧D4ターミナル所属 猪俣 裕介 2009年入社(総合職)
横浜業務部本牧D4ターミナル所属 猪俣 裕介 2009年入社(総合職)

現在の仕事内容は?

本牧D4ターミナルで、作業の手配や現場の指揮をしています。

入社のきっかけは?

いろいろな会社を調べましたが、港湾カレッジで学んだことを生かせるのは、経験と実績のある当社であると思いました。また、港湾カレッジの先生方や周囲の方から評判がよかったことも当社を選んだ理由です。

仕事の上でのやりがいとは?

若い人にも責任のある仕事を任せてもらえるため、悩むこともありますが、やりがいを感じています。

私にとっての「横浜港湾作業」とは?

港湾荷役に関して豊富な経験、技術を持ち、人材育成に力を入れている会社だと思います。先輩方は熱心に指導してくれますし、免許や資格の取得にも積極的だと思います。
また、従業員やその家族も大切にしてくれる温かい社風がこの会社にはあると思います。

新人に送るメッセージ

大変なことがあっても、上司・先輩や仲間が支えてくれると思います。自分にとってプラスになることが多いので、ぜひ入社して頑張ってみてください。
東京営業所海上業務課所属 安達 陽祐 2007年入社(総合職)
東京営業所海上業務課所属 安達 陽祐 2007年入社(総合職)

現在の仕事内容は?

東京営業所の海上業務課で、主に作業手配と労務管理をしています。

入社のきっかけは?

横浜で育ったので、横浜で働きたいという漠然とした思いはありましたが、大学の就職課で当社の募集を知るまで、港に関する知識はまったくありませんでした。会社説明会に参加して港の仕事を知り、この会社の一員になりたいと思ったことがきっかけです。

仕事の上でのやりがいとは?

作業は一人ではできないので、作業の手配では上司や先輩、同僚、技術員の方々といった社内の協力に加え、諸先輩方が築いてきた同業他社との関係が大切になってきます。多くの方から協力を得ることは大変ですが、この繋がりが一つになって仕事ができた時には、素直に嬉しいと感じられます。

私にとっての「横浜港湾作業」とは?

港湾荷役に関する知識や経験が受け継がれているだけでなく、変化する荷役スタイルや荷役機器の変化にも対応できる人材が集まっていると思います。

新人に送るメッセージ

就職にあたっては不安もあると思いますが、まずは一生懸命に頑張る気持ちが大事だと思います。一緒に働いてくれる新しい力と出会えることを楽しみにしています。
横浜業務部本牧倉庫所属 石田 学 2003年入社(総合職)
横浜業務部本牧倉庫所属 石田 学 2003年入社(総合職)

現在の仕事内容は?

本牧倉庫で、作業の手配や指示、労務管理などを行っています。また、現場でフォークリフトに乗って作業することもあります。

入社のきっかけは?

兄が働いていて、横浜港湾作業の話を聞いたのがきっかけです。以前の職場ではノルマなどが厳しかったので、給与や労働時間など、安定して働けることに興味を持ちました。

仕事の上でのやりがいとは?

手配や現場での指示は自分の裁量に任されているため、大変なこともありますが、安全かつ円滑に作業を進められたときにはやりがいを感じます。

私にとっての「横浜港湾作業」とは?

一人ひとりが高い技術と責任感を持ち、安全と効率を常に考えて、最良の荷役を行うことができる会社だと思います。

新人に送るメッセージ

様々な経験を積んで、自分自身を成長させていける会社だと思います。自分自身も率先して仕事をしていくことで、その経験を後輩へと伝えていきたいと思っています。
 
このページのトップへ  
  Copyright(c) 2008 Yokomhama Kowan Sagyo Co,.Ltd all rights reserved. Designed by kobou-shibaken.com